京都首間 Apple Store 開幕- 當地文化元素內裝風格搶先看

品牌之所以吸引人,不只在於產品的新穎外型,越來越多企業注重消費者使用體驗與品牌文化的塑造,Apple 就是很好的代表之一,除了年年令蘋果迷引頸期盼的新品,實體 Apple Store 更是訴諸其美學最直接的方式,前陣子首間京都 Apple Store 開立的消息釋出後,便成為許多人們熱議話題,在親訪店家之前,不妨先跟我們一起看看獨特的京都店內裝吧!

對於建築文化同樣重視的 Apple 而言,會根據各國文化加入別出心裁的設計,除了一貫的簡潔俐落風格,此回京都直營店的主視覺,也參考了傳統編織竹藝的概念,格子造型不只呼應了當地建築物座落的方式,更意味著意念 (ideas) 和創意  (creativity ) 的結合。也許下回來到京都熱鬧的烏丸站與四条站,別忘了留意這非常有日本傳統風味的 Kyoto Apple Store。

Apple Kyoto 8.25 Coming Soon… #applekyoto #apple #applestore

A post shared by Shun Yamaguchi (@shun_yamaguchi89) on

This Saturday will mark the opening of #AppleKyoto .One of Apple’s flagship retail stores in Japan that features many Japan first. It also marries the best of Apple’s global branding and Japanese traditional themes like Andon (Japanese lantern), Shoji and Shilkkui. 土曜朝10時、京都は四条高倉にアップル京都がオープンします。 日本初のビジネス顧客向けの打ち合わせスペース、ボードルームやアップル本社、スティーブ・ジョブズシアターと同じ人工大理石の階段といったアップルの新しい国際ブランディングの要素(Foster+Partnersと開発)に加え、京都らしく日本の伝統を感じさせる要素も多用しています。例えば店のファサードは行燈をイメージしていたり、2階の壁は障子風(紙とアクリルを混ぜた独自開発のマテリアル?)、そして京都の左官屋さんに頼んだら塗りが完璧過ぎてそうとはわかっめもらえなかった漆喰など。 京都の裏事情に精通する人によると、この土地は元々そごうの持ち物で、それをパルコさんに融通した後、ヒュ… ま、色々あってかなり複雑なようです 😉 @ Apple 京都

A post shared by Nobuyuki Hayashi (@nobihaya) on

Apple Kyoto

地址|京都府京都市下京区四条通高倉東入立売中之町83-1(大丸百貨 1F)

營業時間|週一至週日 10:00 – 21:00

Source: designboom

您可能也會喜歡: